HOME

はじめまして小さな星の輝かせ方へようこそ。

<乳幼児スリープコンサルタント> & <クリニカルナーススペシャリスト>
のマン安妃子です。

可愛い子供たちに、キラキラ輝いた人生を送っていってほしい・・・
私を含めたすべての親御さんの願いではないでしょうか。

乳幼児期は親御さんにとって本当に大変な時期ですよね。
でもお子さんの人生の中ではすごく大切な時期です。

その大切な時期に、家族の大きな愛を感じながら子どもたちに成長していってもらいたい。
お父さんもお母さんもお子さんと過ごす、この貴重な時間を心の底から楽しいと思ってもらいたい。
そしてお父さん、お母さんには子育てに自信をもってほしい。

そんな思いから赤ちゃん/子供の寝かしつけ方をお教えする<乳幼児スリープコンサルテ―ション>
そして、いざという時のケガ・病気の対応の仕方を日本語でお教えする<ファーストエイド講座>

を2大柱とする<小さな星の輝かせ方>を立ち上げ、活動しています。

乳幼児スリープコンサルテーション
ナースの知識とママ目線を融合させた安心・安全メソッド

初めての子育てで何もかもが手探りだった頃、一番苦労をしたのが娘の<寝かしつけ>でした。看護学生の時に学んだこと、妊娠中に病院で教えてもらったこと、家族や先輩ママから教わったようにしても娘はなかなか寝てくれない。もうどうしていいのか分からない・・・、そんな時に出会ったのがスリープトレーニングでした。

スリープトレーニングを始めてすごく感じたことは、「赤ちゃんも人間なのに、医療者からの赤ちゃんケアの指導には解剖生理学が何も加味されていない」ということでした。ただ赤ちゃんが泣いた時に、泣いた原因を探してそれを取り除いてあげるだけのケア。そして成長する赤ちゃんへの悪影響やママへの心身的影響は全く考慮に入れられていない。

そんな事実に気づいた時、私は看護師として、そして同じ母親として、頑張るママ達の心身を守ってあげなければいけない、子供たちの明るい未来のために子供の健やかな成長を助けるお手伝いをしなければいけない、そう思ったのです。

看護師として15年、外科・内科病棟に勤務しフィジカルアセスメントは得意としてきました。睡眠と深く関係のある脳科学を始め、睡眠不足による心身的影響、最新の睡眠に関する研究を理解するのはとても楽しく、これをママたちが簡単に理解できるように私が噛み砕いてお伝えしていくべきだ、そう思うのです。

また病院でスタッフへの教育をしているという立場から、教えるということも得意としています。大人は子供と違う学び方をします。その事実も理解できる私だからこそ、「ただ子供を寝かしつける方法を教える」だけに留まらない、もっと深いアプローチができると思っています。

オーストラリア/ニュージーランドでは日本人初のスリープコンサルタントで現在約200時間のコンサルテーションをしています。オーストラリアや日本を中心に、ヨーロッパやアメリカに住まわれるお母さん方からも<オンライン講座&相談会>や<個別コンサルテーション>のご要望を頂き、コンサルテーションを受けられたお母さんたちからは、子供が寝るようになった喜び以外にも、お母さん自身の心が救われた、家族の絆が取り戻せた、旦那様との関係が良くなったなどのフィードバックもいただいております。

オーストラリア版:日本語でファーストエイド

どの国に住んでいても、どの地域に住んでいても、子供が不慮の事故で大けがをしたり、亡くなってしまったというニュースは聞きます。

子供達には不慮の事故に合うことなく、健やかに成長してもらいたいというのはもちろんですが、お母さん達にも悲しい思いはして欲しくない

お子さんに何かあったら、きっとお母さんはご自分の事を責めるでしょう。そして深く傷つくと思います。そうなる前に、命に関わるような状況について知っててもらいたいもし遭遇したらどう対処したらいいのか知っててもらいたい

そういう思いから、私の15年の看護師生活で培った技術と知識をシェアすることで、お母さん達が大切なお子さんの命を守る第一線として自信を持っていられるように <オーストラリア版:日本語でファーストエイド> を提供しています。

 

 

 

お子様の良眠のためのHint and Tipを
お届けしています。

メールレターのご登録はこちら