日本在住 7ヵ月 Nくん

寝るのが趣味といってもいいくらいの私にとって、夜授乳で起こされることはなかなか辛いことでした。早くゆっくり眠りたいなぁ…と思いAkikoさんに相談してネントレを始めることにしました。

ホルモン値の推移からどんな生活リズムが最適なのか、必要な栄養素はこんなもので、月齢によって睡眠時間と生活リズムは少しずつかわっていく…など、根拠にもとづいていろいろ教えてもらい、納得してネントレを進めることができました。

夜間の授乳を少しずつ減らし、10ヶ月に入る頃には起こされることもほとんどなくなり、夢だった「夜ゆっくり眠る生活」を手に入れることができました!はじめて夜間起こされずに朝を迎えられた日のことはまだおぼえています。「あれ?明るい!朝だ!」ってびっくりしました。 夜起こされない生活はとても快適ですが、そのほかにも思いがけなかったメリットがありました。

まず、体調の変化に気付きやすい。
現在我が息子は熱発中なのですが、普段起きているときはものすごく活発なのです。それがなんとなくだるそうにしている…眠いのではない。眠る時間ではないのだから。体を触ると熱い…で、すぐ熱発に気が付けました。ネントレしていなかったら、「眠いのかな?じゃしばらくそっとしておこうかな」と体調の変化に気付くのが遅れていたかもしれません。

また同じく、体調の悪い時でも比較的すぐ寝付く。 逆に、上のお姉ちゃんの体調が悪いとき、ほっておいても1人で眠りに入れるので手がかからず助かります。
お姉ちゃんもまだ3歳、具合の悪い時に下の子の寝かしつけで30分も1時間も目を離すには不安ですから…

1歳を目前に卒乳したのですが、睡眠補助に母乳を使っていなかったため、卒乳も非常にスムーズにいきました。 完全母乳で育てた人はみんな卒乳にとても苦労していたので、これは本当にラッキーでした。また、趣味でオーケストラに参加しているのですが、練習時間が夜間でも寝かしつけを気軽に主人にお願いできるので、週に1回の息抜きもきちんとできています。

ぱっと思いつくのがこれくらいですが、ネントレは本当にやってみてよかったです。副産物として、大人の生活も整ったので働いてても体が辛くなくなったとは主人の談(笑)