日本在住 3.5歳 Tちゃん

幼稚園入園を控えて 生活リズムがめちゃめちゃだった3歳の娘。 3歳なのに、夜寝るのは10:30、遅ければ11時まで寝付かない。朝も当然寝起きが悪く、グズグズ愚図りながら8時半に起きたら御の字。幼稚園に行くのに、これじゃまずい!どうしたらいいかとAkikoさんに相談したのでした。

昼寝をなくすなどの助言をもらって、少しずつ寝る時間を早めていけたら、それと同時に朝もスムーズに早起きできるようになりました。 根拠に基づいた方法を教えてもらったのですが、これが実は主人の説得に非常に役に立ったのです。

というのも、我が家のパパは子どもたち大好き。仕事から帰ってきたら子どもたちはすでに夢の中…というのを非常に嫌がりました。就寝時間の目標が20時と聞いて、「そんなに早く寝かさなくても…だいたい子どもと遊べないじゃん」と不満そうでした。 でも理系人間なので、根拠がかっちり書いてあるスリーププランを読ませたところ不本意ながらも納得してしまったようなので(笑)、ネントレスタート。

ネントレを始めてみたところ、実際に朝ぐずりもせずぱっと起きられるようになった娘を見て、主人も何か感じたようでした。気が付いたら、子どもたちが寝てしまう前にさっさと仕事終わらせて帰る!という考えになったらしく、いいモチベーションになったよ〜と言うようになりました。

私がいちばんなるほどな〜と思ったのは、「必要な時間寝かせていても、必要な時間帯でなければ、二日酔いの状態で起きてくるようなもの。子どもにとって質のいい睡眠ではなく、日中の活動にも影響を及ぼす」という一節でした。子どもを産む前にしょっちゅう二日酔いになっていた私にとって、これほど納得できる文章はありません(笑)あんな状態で思いっきり遊べるわけない!って瞬時に理解できました。

ネントレをやってみて、上の子も下の子も機嫌よく楽しく1日を過ごせるようになったなぁと思います。多少タイムスケジュールがずれても、基本の過ごし方に準じていれば1日が平和に終わります(上の子はめんどくさい年ごろですが)。私も早起きが前ほど苦ではなくなったし、時間の余裕もできるし、思い切ってAkikoさんに相談してみて本当〜によかったです。